健康と医療の情報局でっせ

健康でんがな栄養まんがな

健康づくりのサポート!健康と栄養について真剣に調べてます

ハイドロキシターゼ

運動や入浴でたっぷり汗をかいた後のミネラル補給に、天然発泡水・ハイドロキシダーゼ。
人間の体は、60%が水分やから、いわば水で満たされとるようなもん。どうせ飲むのやったら、健康や美容、ほんでダイエットにも効果が期待できるような水を飲みたいもんや。

ハイドロキシダーゼとは?

ハイドロキシダーゼ(hydroxydase)は、ミネラルウォーター大国・フランスで、ダイエットやカロリーコントロール、アンチエイジング、精神安定やらなんやらのケア用の水として、ミス・フランスをはじめとするセレブ達に人気が高く、90年以上も販売されつづけるスーパーロングセラー商品や。
採水地は、フランス・オーベルニュ地方にある火山地帯ピュイ・ドゥ・ドーム(Puy-de-Dome)。この地の湧き水を溶岩の割れ目から1分間に4リットルずつ採水したんがハイドロキシダーゼ。
通常のミネラルウォーターとは違い、マグネシウムやカルシウム、重炭酸塩、20種類以上のオリゴエレメント(人体に微量しか含まれておらへん元素)を多量に含んでおり、総ミネラル含有量はフランス原産のオー・ミネラル・ナチュール( l’eau mine’rale naturelle)の中でno.1を誇ると言われとりまんねん。 厳しいEU基準をクリアしてんねんさかい、品質は保証済み。
採水地の周辺環境はメーカーによって厳重に保護されとるさかい、汚染も心配おまへん。
ハイドロキシダーゼの硬度は1505.75。口当たりのよい軟水に慣れとるやまと人には超硬水ともぬかすべき硬度やけど、そやけどアンタ、天然の微炭酸やから、苦味やクセを感じにくく、さわやかいな飲み心地を味わえまんねん。ハイドロキシダーゼは、料理や水割りやらなんやらに使うんはややこしいのやけど、ミネラル不足の現代人にお勧めのミネラルウォーターなんやこれがホンマに。 ハイドロキシダーゼは、食間に飲むのが効果的や。フランスでも一般的に食間に飲用されとりまんねん。また、空腹時(起床後すぐ、昼食・夕食の30分程前、就寝前等)の方がミネラルの吸収もようなるんですわ。

ハイドロキシターゼでミネラル不足を解消しようわ!

ミネラル(無機質)は、たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミンと並び、5大栄養素のひとつやけど、そやけどアンタ、体の重要な構成成分でもおます。
せやけどダンさん、ミネラルは体内では合成されへんため、体外から補給せなならしまへん。
ミネラルは、体液量や酸・アルカリ度の調整、筋肉や神経の働きの調節にも欠かせしまへんし、ビタミンと同様に、炭水化物やたんぱく質、脂質やらなんやらの代謝にも深く関わっとりまんねん。ゴチャゴチャゆうとる場合やあれへん、要は、生命活動には不可欠の栄養素なんやこれがホンマに。 このミネラルが不足すると欠乏症が起き、さまざまな病気の原因になってしまいまんねん。
例あげたろか、たとえばやなあ、カルシウム不足による[骨密度の低下][骨粗しょう症]や鉄分不足による[貧血][免疫機能の低下]、マグネシウム不足による[循環器疾患][筋肉の緊張低下]、亜鉛不足による[食欲低下][味覚障害]やらなんやらやらなんやら。
主なミネラルの1日当たりの摂取量は、成人の場合、カルシウム 600mg、鉄 10~12mg、リン 600mg、カリウム 2~4g、マグネシウム 300mgとされとりまんねん。 やまと人は近年、カルシウム、鉄、銅、亜鉛、マグネシウムやらなんやらミネラル不足に陥っとりまんねん。
こら、食べ物自体に含まれとるミネラル量がもともと欧米に比べると少なく、近年はさらに減ちびっととることにも原因がおます。また、ミネラルが体に吸収されにくいことも大きな原因のひとつや。
理論的には、ミネラルはイオン化されておらへんと吸収されしまへん。イオン化とは、端的に言うたら、ミネラルが水に溶けやすいことを言おりますわ。
通常の食事からだけでは摂取がややこしいのやったら、水に溶けやすい粉末タイプのサプリメントや既にミネラルが水に溶けとるミネラルウォーターを上手く利用しまひょ。この点、ハイドロキシダーゼは20種類以上のオリゴエレメントを多量に含んどるさかい、ミネラル不足を補給するには理想的なミネラルウォーターと言えまんねん。
せやけど、なんぼイオン化されとるとぬかしても、胃や腸の吸収力自体が上がる訳とちゃうで、いっぺんに多量のミネラルを摂取したとしたかて、そのようけは尿や便になって体外に排斥されてしまいまんねん。例あげたろか、たとえばやなあ、1日に必要なミネラルをミネラルウォーターから摂取したろとおもうと、理論的にはドラム缶約2本分を飲む必要がおます。
より効果的にミネラルを体内に吸収するには、ハイドロキシダーゼやらなんやら、多量にミネラルを含んや硬度の高いミネラルウォーターを、ゆっくりと時間をかけてお茶を楽しむように飲むのが望ましいのや。

ハイドロキシターゼ – 使用用法

  • ダイエット・若返りのための集中ケアには1日当たり3本/3~4週間
  • 体質改善を促進するヘルスケアには1日当たり2本/3~4週間
  • 集中ケア後の美貌を守るビューティケアには1日当たり1~2本

ハイドロキシターゼ – そのポイントとは?

  • 90年以上のスーパーロングセラー
  • まるっきし加工されておらへん天然発泡水
  • ミネラルたっぷり
  • EU基準クリアの高品質と安全性

ハイドロキシターゼは飲むだけやない!

どうせやったらハイドロキシダーゼを有効活用しまひょ。
せやけど、お肌のタイプは人それぞれやから、用心が必要や。じぇったい目立たなころで試しておくんなはれ。

■顔につける

ハイドロキシダーゼを、洗顔後に引締め効果も含めてケツの洗顔に使用したり、コットンに含ませてパッティングしたりして、乾燥したお肌に潤いを与えまひょ。 ハイドロキシダーゼのph値は6.8で、弱酸性(ph値7.0以下)やから、アストリンゼン的効果も期待できまんねん。

■髪につける

ハイドロキシダーゼを、シャンプーの後にリンスやコンディショナーの代わりに使用したり、リンスやコンディショナーのすすぎ水として使用したりして、乾燥してパサついた髪や紫外線にさらされたダメージヘヤーに水分を補給しまひょ。

■体につける

よう冷やしたハイドロキシダーゼを、日焼けやらなんやらで火照ったお肌にカーマインローションの代わりにパッティングしてみておくんなはれ。 また、無水エタノールとグリセリンをハイドロキシダーゼで希釈したボディローションを作ったり、エッセンシャルオイルを入れてみたりして、お肌に潤いを与えまひょ。

ミネラルウォーターダイエットは効果があるん?

継続的にミネラルウォーターを1日1.5~2リットル程度飲むことでダイエット効果を期待したもん、それがミネラルウォーターダイエット。 ミネラルウォーターを食事の前に飲むと、食欲と食事の量を抑える効果が期待できまんねん。
また、ダイエット中は食事制限によって、とかくミネラル不足になりがちやけど、そやけどアンタ、これを補うことも可能や。
カリウムをはじめとしたミネラルにはまた高い利尿作用もあるんで、腎臓の機能を活発化して老廃物を排泄するっちうことで新陳代謝を高めまんねん。
また、ようけの女性が便秘に悩まされとりますが、その原因は男性よりも腸が長く、筋肉もよわ、女性ホルモンによって水分や塩分やらなんやらを体内にとどめる傾向にあるからや。ミネラルウォーターをようけ飲むと充分に水分が補給されるさかい、腸壁から便の水分が吸収されることを抑え、便が固くなりにくくなるんですわ。特に、硬度の高いミネラルウォーターは腸を刺激して排便を促進しまっせ。
ゴチャゴチャゆうとる場合やあれへん、要は、腸の機能を活発化して老廃物を排泄するっちうことで新陳代謝を高めまんねん。 こないな風に新陳代謝が促進され活発になったら、基礎代謝が高まり、痩せやすい体質を手に入れられやすくなるんですわ。
また、ダイエット中になんとなくイライラするっちうことがおますが、こら、食事制限やらなんやらによるミネラル不足、特にカルシウム不足の可能性がおます。カルシウムを効果的に吸収するためにはマグネシウムもいっぺんに摂取する必要がおます。
ミネラルバランスの優れたミネラルウォーターで、ダイエットによるストレス解消も期待できまんねん。 これらのことから、ミネラルウォーターダイエットをダイエットメニューに取りぶちこむやったら、ミネラルを多量に含んや硬水が効果的であると考えられはります。
特に、硬度の高いハイドロキシダーゼはおすすめや。ハイドロキシダーゼは、数あるスリムウォーターの中そやけど、国立フランス医学アカデミー国家研究機関に『3週間毎日3本の引用で4kgの減量効果』と『コレステロール減少効果』の実例を認証されとりまんねん。 実際にダイエット効果があるかどうか、健康的にダイエットできるかどうか、については個人差にも左翼右翼されることがあり、賛否両論別れるトコロですが、[体質を改善する][痩せやすい体をつくる]ちう点では効果を期待したかてよいんとちゃうでっしゃろか?

ミネラルウォーター豆知識

【その1】

エヴィアン、コントレックス、ペリエ、ヴィッテル、ヴォルヴィック、ほんでハイドロキシダーゼ...。
これらのミネラルウォーターの採水地はずぅぇえええぇぇええんぶフランスや。ほんでやまとに輸入されるミネラルウォーターの80%はフランス原産なんやこれがホンマに。 フランスでは、160種類以上もん純フランス産のミネラルウォーターが販売されており、国民1人当たり1年間の消費量は約130リットルださいです(やまとの9~10倍以上)。

【その2】

ミネラルウォーターは、やまとでは1990年に農林水産省が『ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン』によって、ボトルドウォーター、ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター、ミネラルウォーターに分類されはるが、フランスでは、オー・ミネラル・ナチュール(l’eau mine’rale naturelle)、オー・ド・スルス(l’eau de source)、オー・アロマチゼ(l’eau aromatise)に分類されはります。
ハイドロキシダーゼはもちろん、効能・ミネラル分の恒常性が求められはるオー・ミネラル・ナチュールや。

【その3】

フランスでは、1953年までオー・ミネラル・ナチュール(=ナチュラルミネラルウォーター)は薬局でしか売られてへんねんやった。
ちうのも、オー・ミネラル・ナチュールには医学的に効用があるんや、と考えられとったからや。
ほんでその歴史は、ローマ時代から存在しとったハイドラテラピー(hydrotherapie,水治療)にまで遡る事ができまんねん。 今現在ではオー・ミネラル・ナチュールは薬局以外でも売られとるようやけど、そやけどアンタ、ハイドロキシダーゼは薬局でしか売られてへんねん。

【その4】

天然の炭酸を含んや発砲水は、スパークリングウォーター、ガス入りウォーターやらなんやらと呼ばれとりまんねん。ミネラルウォーター市場における発泡水の割合は、ドイツでは約90%、イギリスで40~50%、フランス20%、やまとは1%以下と言われとりまんねん。ヨーロッパでは、オーダーの際になあんも言わな天然発砲水が出されはります。

, , , , , , , , , ,